So-net無料ブログ作成

「夜のピクニック」 [本]

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/09/07
  • メディア: 文庫

【感想】
“夜通し歩く”というある高校の伝統行事の話でしたが、不思議に惹きつけられ、読んだ後爽やかな気持ちになりました。友情っていいな~って思う。
恩田陸さんの他の本も読んでみようと思ってます。
nice!(0)  コメント(0) 

「バベルの塔」展 [鑑賞]

BABEL1.jpgBABEL.png
ボイスマン美術館所蔵
ブリューゲル「バベルの塔」
16世紀のネーデルランドの至宝ーボスを越えてー

【感想】(鑑賞日:2017.7.25)
国立国際美術館で開催中の「バベルの塔」展に行ってきました。HPはこちら
変わっていて、面白かったです。
最初の四大ラテン教父の彫刻、よかったな~ 「キリストの頭部」の絵も、私がイメージしていたキリストの顔とは感じがちがってました。ボスの「聖クリストフ」と「放浪者」は、イヤホンガイドの解説を聴いていると、絵に色々な意味が込められてるのがわかって、面白かったです。 
聖書の話で、本当は女性が家来をたぶらかしたのに、その家来にたぶらかされたという嘘をついたため、その家来が捕らえられた場面の絵があって、その話が印象に残ってます。
そして「バベルの塔」の絵は、思ったよりも小さかったけれど、すごいインパクトがありました。観に行ってよかったです。

平成29年夏休み文楽 [舞台鑑賞]

H2908bunraku.jpgH2907bunraku.png

1部 【親子劇場】
金太郎の大ぐも退治(きんたろうのおおぐもたいじ)
赤い陣羽織(あかいじんばおり)

【感想】(鑑賞日:2017.7.25)
夏休み文楽の1部を観てきました。親子劇場だったので、子供たちも一杯。
「金太郎の大ぐも退治」は、クモが大きくてビックリ。よくできてるな~って思いました。そしてラストの宙乗りは見応えありました。
「赤い陣羽織」は、現代語なのでわかりやすくて、字幕なしでも大丈夫。字幕を読むのに気を取られるよりも人形を観ながら、義太夫を聴いている方が文楽の世界に入りやすいな~とあらためて実感してました。
代官にはめちゃムカつくけれど、代官の奥方さまの登場と発言で気持ちがスッキリしました。