So-net無料ブログ作成
検索選択

良いお年を [思ったこと]

今年ももうすぐ終わりますね。
無事に一年が過ぎたことに感謝しながら、年を越したいと思います。
皆様、良いお年を!
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メリークリスマス! [思ったこと]

christmas_tree.png

クリスマスと言っても、私は特別なことはしないんだけど、心穏やかに一日を過ごせることに
感謝したいと思っています。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Heisenberg」 [戯曲(外国)]

Heisenberg (Modern Plays)

Heisenberg (Modern Plays)

  • 作者: Simon Stephens
  • 出版社/メーカー: Bloomsbury Methuen Drama
  • 発売日: 2015/05/19
  • メディア: ペーパーバック

【感想】
ハイゼンベルグというタイトルから、ドイツの話かな?って思ってましたが、ちがいました(苦笑)
ロンドンの大きな駅で見知らぬ年老いた男(アレックス)と中年の女(ジョージ)が出逢って、お互いのことを知っていく二人芝居です。最初は自分の過去を嘘をついているジョージだけど、だんだんと本当のことを話していきます。
アレックスは肉屋に見えないが肉屋なんだけど、話すことが意外で面白かったです。人類は滅亡するのは核兵器とかじゃないくて温暖化による影響だとか、死んだ姉と会話してるとか・・・
ジョージは一人息子と決別状態で、その子を探しにニュージャージー州に行きたくて、アレックスから旅費を借りようとします。そして「その目的のためにアレックスに近づいた」ってことを正直に話したところあたりから、彼女が信用できるようになりました。それまではどこまでが本当か嘘がわからない人だったから・・・
結局アレックスもジョージと一緒にニュージャージー州に行くことになるんだけど、二人の関係があったかい感じになっていくから、読み終わった後もあったかい気持ちになれました。ただ、どうしてタイトルが”ハイゼンベルグ”なんだろう?って思って調べたら、「観察、記述の対象とされることによって対象そのものが本来の姿から変えられてしまうこと」をハイゼンベルグ効果って言うらしいです。二人が出逢ったことによって、二人が変わっていくってことなんだろうな~って思うけれど、タイトルに凝りすぎてるって思います。
いい話なんだけど、私がタイトルから想像した話とはちがっていたから、期待外れな感じを受けてしまったのが残念。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: