So-net無料ブログ作成

夏休み文楽特別公演3部 [舞台鑑賞]

H2807bunraku.jpg
第3部
井上ひさし=作  野澤松之輔=作曲
金壺親父恋達引(かなつぼおやじこいのたてひき)
-モリエール「守銭奴」による-

【感想】(鑑賞日:2016.7.26)
夏休み文楽特別公演の3部を観てきました。井上ひさしさん原作の新作ってどんなのかなぁ~って思ってたんですが、面白かったです。字幕が出るもんだと思い込んでいたので、最初は戸惑いましたが、ストーリーはわかりやすかったし、なんといっても文楽にはめずらしくハッピーエンドなのが良かったです。
私は、ラストシーンの金左衛門が、やっぱりお金が大好きで、息子と娘には出ていかれても、お金さえあればとっても幸せそうな様子が観ていて微笑ましかったです。
人形遣いの勘十郎さんは、上手いな~って思いました。そして玉男さんの京谷徳右衛門は品があるな~って思いました。1時間くらいの上演時間なので、文楽鑑賞がはじめての人にもおススメです。