So-net無料ブログ作成
検索選択

「The Red Barn」 [戯曲(外国)]

The Red Barn: Adapted from the Novel La Main

The Red Barn: Adapted from the Novel La Main

  • 作者: David Hare
  • 出版社/メーカー: Faber & Faber
  • 発売日: 2016/10/20
  • メディア: ペーパーバック

【感想】(ネタバレあります)
ジョルジュ・シムノンの「La Main」(手)という小説をデビット・ヘアが戯曲化したものです。パーティの後、ものすごい吹雪の中、帰宅しようとしたドナルドとイングリッド夫婦と、レイとモナ夫婦ですが、途中でレイだけが手を離してしまい、行方不明になってしまいます。レイは事故だったのか? それとも殺されたのか?・・・
推理小説ぽっくて、最後まで飽きさせなくて面白かったけれど、「えっ、こういう終わり方!」って思うほど、ショッキングな結末でした。後味が悪くて、私好みじゃないかな。
イングリッドはどんな時も冷静で的確な判断をする女性なんだけど、策略家っぽくてちょっと怖い感じ。彼女とは対照的でセクシーなモナに惹かれていくドナルドだけど、だんだん精神的に追い詰められて、壊れていくのが読んでいて痛ましかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0